このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月中途入社

S.B

外国人紹介事業部
南フランス (ガール県)出身
エクス・マルセイユ大学(フランス)留学先:立命館大学
日本に留学する目標を持って大学に入学したので、成績トップに入るまでとにかく勉強を頑張りました!
外国人紹介事業部/S.B

日本で働きたいと思った”キッカケ”

子供の頃から日本の伝統的な文化(能/歌舞伎)に憧れ、いつか日本に行ってみたいと思っていました。

伝統的な文化に興味があったため「京都に留学したい!」という夢を持ちながら、日本との留学プログラムのある大学に入学しました。

大学1年生の夏休みに、1ヶ月間の1人日本旅に来て素敵な場所を沢山見たものの…「観光より日本の方の日常生活が知りたいな〜」とより一層日本への思いが強くなりました。
その思いを実現するためにも、帰国して一生懸命お勉強頑張ったら3年生の時の1番いい成績が取れたので、第一希望の立命館大学に留学する夢が叶いました。
日本で過ごした一年のおかげで憧れていた日本人の日常生活を味わうことができて、留学が終わってもずっと日本にいたいと決めて、日本で働くことにしました。

グローバルな環境という言葉がピッタリな仕事内容

外国人紹介事業部でキャリアドバイザー(CA)をしています。
日本で働きたい外国籍の求職者に対して、日本の仕事をご紹介しています。

私もそうですが、外国籍の方たちは様々な思いや夢を持って日本で働きたいという気持ちで仕事を探しています。
簡単に言いますと、日本で働きたい外国籍の方の夢が叶うように協力する仕事をしています。

例えば…求人媒体に詳細を載せ、応募が来たら求職者の方に連絡をします。
仕事を紹介する前には必ずカウンセリングを行うのですが、
持っているスキルや経験だけでなくどんな仕事がしたいかなどをヒアリングした後に仕事紹介をします。

応募から入社後までフォローを行うのが私たちの仕事です。
そのため、世界各国の外国籍の方と共通言語を使って毎日連絡をしています。
外国籍の方が日本企業から内定をもらう大変さ

外国籍の方が日本企業から内定をもらう大変さ

担当している外国籍の求職者が企業様から内定をもらった時です!

私自身も最初に仕事が決まるまで非常に苦労をし、何回も泣いて、諦めようと思ったことが何回かありました。人材紹介会社に登録しようとしましたが、就労ビザがないと力になれないと言われ一人で頑張りました。

仕事が決まらず1年半が経った時にIBTに出会って観光ビザでもサポートすると言われて、初めてのカウンセリングから1~2週間でビザサポートをしてくれる会社から内定を頂きました。
あの時にIBTに出会っていなかったら仕事が決まらずにそのままフランスに帰っていたと思うと、本当に恵まれていたと思います。
なので、IBTに感謝をしながら仕事を頑張っていましたが、2年が経って私も日本で働きたい外国人も為になりたいと思い、ダメ元でIBTに相談をしたら内定を頂いて今逆の立場になっています。
自分も経験したので、大変なことや悩み、不安の気持ちがすごく分かります。
母国にいる家族、友達、家、などの安定した生活から離れることが非常に大変なことで、せっかくそういった決断をした外国籍の方が後悔しないようにしたいと思います。
これからは日本で働く夢を抱いている外国人のサポートをして、できるだけ沢山の人の夢が叶うように頑張っていきたいと思います。

入社してから一番努力したこと

国籍問わず一緒に働くメンバーとコミュニケーションを取ることです。

私は中途採用で入社していることもあり、「わからないことを聞くのが恥ずかしいな〜」と思うことも入社当初はありました。
私たちの会社では年齢や役職など関係なく、フラットな環境であるため日々成長するために努力しています。中途採用で入社したとはいえ周りには年齢も若いメンバーがたくさんいます。
そんな環境の中で、私もキャリアドバイザーとして”1日も早く成長したい!”と強く思っていたため、恥を捨てて聞き続けました。

私たちの仕事はサービスを提供するだけでなく、人の夢や人生を背負っています。
そのためにも、知らないことや曖昧なことを潰していくという意味でコミュニケーションを取ることに時間を裂きました。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

人材カウンセラーに関連する求人票を見る