2015年中途入社

尾崎祐司

不動産事業部

高校までは野球に打ち込んでいた。体を動かすことが好き。

F243d0df 6a8a 4699 af04 ba1e5cef59e7

現在の代表と一緒に仕事がしたかった

大学卒業後、新卒で入った会社は事業多角化をしている会社でした。飲食店やネイルサロン、コールセンター、賃貸事業など、さまざまなことをしていました。僕はコールセンター事業をメインに、いち社員マネージャーとして勤務。
その会社のグループの代表が、現代表の林だったんですね。当時から、林の人柄や仕事に対する姿勢が好きで。林が独立すると聞き、後を追いかけて入社しました。

マネジメントと再販業務をメインに行っています

現在は、不動産事業のマネージャーとして勤務。売買物件の仕入れメンバーが約20名いて、不動産会社に対して仕入れ業務を行っています。僕は、そのメンバーの育成・指導と、仕入れであがってきた物件を精査して、金融機関に融資の打診、業者や投資家に提案することが主な業務ですね。無事、融資や提案が通ったら、再販を行うという感じです。
扱う仕入れ物件は、首都圏が8割ほど。たまに、名古屋、札幌、福岡、仙台、北海道などで物件があがってくることも。基本的には、全件一度は見に行くようにしています。

これから伸びしろのある仕事だと感じています

不動産の売買は、扱う金額が大きくなるので、それを扱う面白さはあります。それから、マネジメントをしている立場なので、メンバーの結果が出ると嬉しいものです。

現在は、住宅の売買がメインですが、今後、扱う物件の幅を広くしようと動いています。たとえば、戸建て・区分など。合わせて融資を受けられる金融機関の幅も。こういう事業を広げていく楽しさも感じられる仕事ですね。
個人的には、海外の不動産を扱えるようにしたり、土地を仕入れてイチから物件を立ててみたりできたらなと考えています。

また、マンションの空き室をホテルとして利用するなど、日本に来る外国人が増えていることも加味し、新しいサービスの展開も検討中。株式上場に向け、社会的に取り上げられている分野に挑戦しているので、可能性を多く秘めた事業だと思います。

最後の最後まで何があるかわからないプレッシャーはあります

メンバーによっては、なかなかよい仕入れ物件に出会えず、不動産会社に200~300件電話をかけてやっと見つけられるということも。また、仕入れてから会社にお金が入るまでに約2ヶ月かかるんですが、無事に決済が終わるまでに何が起こるかわからないのがこの仕事の難しさでしょう。たとえば、お客様が買うのを止めたり、オーナーさんが売らないと言ったり、相続関係で問題になったり。最後の最後まで何があるかわからないので、各所関係者としっかりした人間関係を構築していく必要があります。

元気いっぱいというのが会社の雰囲気です

僕もそうなんですが、体育会系出身の人が割と多いです。だから、みんな元気いっぱい。明るい雰囲気が会社の特徴だと思います。でも、ゴリゴリしているわけではなくて…どちらかというとゆるめかもしれません(笑)変にギクシャクすることなく、自然体で過ごせる雰囲気です。

<応募者へメッセージ>
うちはどちらかというとベンチャー気質なので、個人に任される裁量は大きいです。自分でチャレンジしてみたいと思う人にはぜひ来てほしいですね。また、上場に向けても動いているので、野心のある方にはぴったりかなと。素直に意見を聞きながら、自分から積極的に勉強し、いろいろ吸収していってほしいと思います。

不動産企画・用地仕入れに関連する求人票を見る