このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年中途入社

C.A

外国人紹介事業部
ミャンマー中部出身。
毎日美味しいものを食べて、土日はゆっくり家でのんびりすることが好きです。

私は日本の大学を卒業後、介護施設で正社員として働いた経験があります。
この経験を活かして日本にいるミャンマー人のことをサポートします!
外国人紹介事業部/C.A

夢を実現するために

私には”大きい介護施設をミャンマーに自分でつくりたい”という夢があります。

ミャンマーには家庭介護は多いですが、日本のように技術を持っている介護施設というのはまだありません。だからこそ、ミャンマーのためにも私が介護施設をつくりあげたいです。

その夢を実現させるには、まずは技術やおもてなしの心を学べる日本の介護施設で働いた経験を持つミャンマー人を増やすことも必要だと考えています。
だからこそ、日本で仕事を探しているミャンマー人をサポートできるキャリアアドバイザーとして働こうと思いました。
また、ミャンマー人は日本人との相性がとてもよく、日本の介護施設で働くミャンマー人が増えることは人手不足で困っている日本のためにもなります。

このように日本の介護施設で働くミャンマー人を増やす、そして自身の介護施設で働いた経験を活かしてこの夢をかなえていきたいと思います。
日本で働くミャンマー人にとって何でも聞ける先輩でありたい

日本で働くミャンマー人にとって何でも聞ける先輩でありたい

外国人人材紹介事業部の特定技能人材を対象としたチームでCA(キャリアアドバイザー)をしています。
求職者の集客~お仕事紹介、そして紹介後のビザのサポートまで行っています。

入社当初は日本語もあまりうまくできず、パソコンスキルもないところから始まりましたが他の社員からのサポートもあり今ではとても楽しく働いています。
私は、日本で働くミャンマー人にとって、ビザや仕事でわからないことがあればすぐに聞ける存在でありたいと思っています。

そのために、私は毎日変わっていく情報をアンテナをはって収集しています。
SNSやネットの情報を毎日確認し、学び、求職者やメンバーに共有したりしています。
そうして私自身も成長し、求職者にとって安心する存在になることで、自分に跳ね返ってくる喜びも大きくなることも実感しています。
自分が紹介した求職者からはありがとうのメッセージはもちろん、プレゼントや手紙が届くこともあります。
そのたびに、この仕事をしていてよかったなと思っています。

私の挑戦したいこと

私は今後CAだけではなくRA(リクルーティングアドバイザー)の仕事にも挑戦してみたいと思っています。

CAとして働いているので求職者のことはRAよりも深く知っていますが、企業側の考え方も知ることでより精度の高いマッチングができると思っています。
まだCAメンバーでRAも兼任しているメンバーはいないので、先陣を切って挑戦していきたいと思っています。

この挑戦は興味があることであり、私の夢を叶えるための道でもあるのでこの先どんなに苦しいことが待ち受けていたとしても途中で投げ出さずがんばりたいと思います。
切磋琢磨しあえる仲間

切磋琢磨しあえる仲間

インバウンドテクノロジーの特徴といえば、上司部下関係なく意見を言い合い仕事をしていることです。
チーム内では意見交換が多く、みんなで助け合って働いています。
また、さまざまな国籍のメンバーがいるのでお互いの生活や文化も尊重し協力しながら共存しています。

インバウンドテクノロジーに入社をすると、国籍も役職も関係なく同じチームのメンバーとしてみんなが成功できるように切磋琢磨しあう環境が待っています。
このような環境に興味がある方、ぜひ一緒に働きましょう!!
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

人材カウンセラーに関連する求人票を見る